食品

コンドロイチンが含まれる食品

私たちの体は健康維持することで老化現象を遅らせかいてきな生活を送ることができます。
今では健康食品がとても豊富になり、自分に必要だと感じる有効成分を手軽に摂取することができます。
特にサプリメントは、持ち運びができ、いつでも簡単に栄養素を摂取することができます。

実際効果を感じららえるまで数ヶ月間飲み続けなくてはいけません。
コンドロイチンはムコ多糖の一つで、摩擦熱などで粘着性が生まれるという特徴があります。
これは、軟骨の約3割を占める成分です。

軟骨は約6割近くが水分で形成されています。
なので水分が減少してしまうと軟骨がすり減ってしまいます。
関節は動かす事で摩擦熱が発生して水分を蒸発しやすくなってしまいます。

しかしこの粘着性が水分の蒸発をおさえる働きがあり、関節の動きを滑らかになります。
コンドロイチンはサプリメントが豊富に販売されていますが、そこでサプリメント以外でも毎日の食事でも摂取できます。
ではどのようなものから摂取できるのでしょうか。

それはネバネバ系の食材に多く含まれ、納豆やオクラ、山芋などに含まれています。
これらが動物性コンドロイチンです。
そして動物性コンドロイチンとしては、サメの軟骨、すじ肉、すっぽん、酒やイカなどに含まれています。

高級品のものも多く、毎日の食生活では摂取しにくいと感じるものもあります。
そんな時こそ、コンドロイチンを含んだサプリメントを活用することがお勧めです。
どちらも同じコンドロイチンと思いがちですが、実は吸収率が異なります。

植物性のコンドロイチンの方が吸収率が低く、動物性のコンドロイチンの方が吸収率が高くなっています。
同じ有効成分をとるのであれば、より即効性が高く効果が得られやすいものを選んだ方がいいでしょう。
動物性のコンドロイチンの中で、最も人間になじみやすいのがサメの軟骨といわれています。
サメの軟骨は最も良質なコンドロイチンを抽出することができます。
ただしサメの軟骨はフカヒレなので高級品で毎日摂取することは難しいです。
なのでサプリメントなどを賢く利用しながら食事でも意識するといいでしょう。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.