食品

関節痛に効くコンドロイチン

年齢を重ねるごとにどうしても体のあらゆる部分に痛みを感じてきます。
今まで健康だった体でも、老化現象によって細胞が衰えてしまうため、いろんな体の変化を感じます。
私たちの体の細胞は20代がピークで、そこから先はどんどん減少してしまいます。

そのため体に必要な栄養素を補っていかなくてはいけません。
体の中で早い段階で痛みを感じる場所の一つに、足腰があげられます。
足や腰は体重を常に支えている重要な場所です。
体重が重ければ重たい人ほど負担が増えてしまいます。

特に膝の関節は、立ったり座ったりするときに行う動作で痛みを感じる人が多いです。
足の痛みを感じるようになると遠出したくなくなったり、起き上がりにくくなるなど生活で不便さを感じます。
すると外に出るのがおっくうになり引きこもってしまう人もいます。
そうなることなく、元気で楽しい老後を迎えるためにも関節痛を解消させる必要があります。

関節痛にお勧めなのがコンドロイチンです。
関節痛の痛みの多くは関節にある軟骨がすり減ったり変形することが原因です。
コンドロイチンの約3割を占める成分です。
そして、関節の水分を保つことができ、粘り気があるので、関節が潤滑に動く為に必要です。

コンドロイチンを摂取することで、関節の炎症も抑えることができます。
コンドロイチンを摂取するためには、植物性コンドロイチンか動物性コンドロイチンがあります。
植物性コンドロイチンは、納豆やオクラや山芋といったネバネバした食品に含まれています。
動物性のコンドロイチンは、サメの軟骨やすっぽんやすじ肉に含まれています。

これらの食材からとるコンドロイチンは、物によって摂取量がかなり異なります。
なので食事で補いきるのは難しいといえます。
そこで多くの人が利用しているのがサプリメントです。

コンドロイチンのサプリメントに関しては、グルコサミンと一緒に配合されているものがとても多いです。
グルコサミンには関節痛の症状緩和と軟骨を形成する働きがあります。
なので関節痛で悩んでいる人には同時に摂取するととても効果的です。
サプリメントだからこそ一度に有効成分を摂取できるというメリットがあります。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.