食品

コンドロイチンってなに?

私たち現代人は多くの有効成分を簡単に摂取できるようになりました。
健康食品が増えたり医療の進化によっていろんな有効成分を効率よく摂取できます。
なので長生きできる人が増え、高齢化社会がますます進んでいくことになります。

高齢になっても健康的な体でなければ、できることも限られてしまい楽しく過ごすことができません。
長生きしても健康的な体を保つためにはどのようにしたらいいのでしょうか。
健康的な体を手に入れるためには、まず膝などの関節が丈夫でなければいけません。

そんな強い足腰を手に入れるために、コンドロイチンが有効的です。
コンドロイチンという名前はCMなどでもよく耳にするので聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
しかしどこから抽出できる成分でどのような効果が期待できるのかまではっきり知っている人は少ないのではないでしょうか。
CMなどでは有効成分や効果などが先に注目されがちです。

なのでないかわからないけれども健康にいいから飲んでいるという人見ます。
そこでコンドロイチンは、さめの軟骨の部分から抽出された成分です。
膝の痛みなどの多くは膝の関節部分にある軟骨がすり減ってしまい、神経を圧迫するために痛みを感じます。

軟骨は年齢によって減少してしまったり、激しいスポーツなど常に負担をかけてしまっていた場合に関節痛を引き起こしてしまいます。
そこでサメの軟骨成分であるコンドロイチンを摂取することで、不足しがちな軟骨を補うことができます。
そのほかにもコンドロイチンにはヒアルロン酸と合成して保水効果をもたらします。
またコラーゲンの形成にも効果が期待できるので、お肌の再生に繋がりアンチエイジング効果もあります。

そのほかの効果としては、細菌の感染予防や血中のコレステロールの改善などにも効果的です。
コンドロイチンは20代がピークといわれています。
それからは年齢とともに減少してしまうため、毎日補っていくことが大事です。
特に高齢者になると減少しやすくなり、体のあらゆる部分に負担がかかってきます。
素の負担軽減やより健康的な体を作るためにもしっかり摂取したい成分だといえます。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.