食品

ペットとコンドロイチン

最近ではペットを飼っている家庭がとても増えてきました。
チワワやダックスフンドなどの小型犬が多く、散歩をしている人を多く見かけます。
ペットの場合、見た目では年齢の違いが分かりにくく、年齢を聞くと思った以上に年をとっていることがあります。

ペットの平均寿命も今ではとても長くなりました。
昔は人間の食事の残りなどをあげていた時代もありましたが、今では犬種別のペットフードがあるほど質が上がっています。
年齢に合わせた良質なペットフードが豊富になりました。

なので平均寿命よりも長く生きるペットが増えてきています。
さらに小型のペットの場合は、ほとんどが室内で飼われていることが多いです。
本来野生の動物であれば、広い土地の中で食べ物を見つけるために走り回ったりしなくてはいけません。

それに比べてペットは、自分で狩りをすることなくたべものをもらうことができ、運動量できる場所も限られています。
なので運動不足で、多くのエネルギーを摂取してしまい、太ってしまうペットが多いです。
そのため人間と同じで、自分の体重を支えている膝や腰などに痛みを感じてしまいます。

関節炎などにもかかりやすく、体重をとす事や運動させることがすすめられます。
そんなペットにお勧めなのが、人間も摂取しているコンドロイチンです。
ペットも人間と同様年齢とともにコンドロイチンは減少してしまいます。

なのでコンドロイチンの減少をおさえて、関節の動きを潤滑にする必要があります。
ペットがコンドロイチンを摂取すると関節の老化を防止したり、関節の痛みを和らげてくれます。
関節の動きがスムーズになることで、動きやすくなります。

最近動きがいぎこちないなと感じ始めたらペット用のコンドロイチンのサプリメントを取り入れてみましょう。
会話などができない分、意思疎通ができないためおろそかになりがちです。
寝たきりなどになってしまう前に、ある一定の年齢になったら与えるという方法もお勧めです。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.