食品

コンドロイチンの理想的な摂取量

私たちの体は毎日の食生活から摂取しています。
その摂取している食べ物によって、自分の体が形成されていきます。
健康な体を保つのであれば、規則正しく栄養バランスがとれた食生活をくらなくてはいけません。

しかし今の現代社会において、日々の生活に追われる人も多く、栄養バランスがとれた食生活を心掛けることが難しくなっています。
そこで不足しがちな栄養素を簡単に摂取できる方法の一つとして、サプリメントがあります。
普段の食生活で摂取しにくい栄養素や不足してしまっている栄養素を摂取するのにとても便利です。

中でもコンドロイチンは、健康的な体を保つためには欠かせない成分の一つです。
年齢とともに足腰の関節がいたいと感じる人が多いです。
それは骨と骨の間にある軟骨が減少してしまうからです。

コンドロイチンは軟骨の約3割を占める成分です。
コンドロイチンには保水効果があり、軟骨に十分な水分を確保させることで、潤滑に関節が動くという働きをしています。
なのでコンドロイチンが減少すると、関節の動きが鈍くなったり関節を痛めてしまうことにつながります。
そんなコンドロイチンを摂取するためには、サプリメントがお勧めです。

ただし一日の摂取量をしっかり守った上で摂取するようにしましょう。
コンドロイチンの一日の基本摂取量は1200mgといわれています。
ただしコンドロイチンは、体重によって理想摂取量が異なるという特徴があります。
まず体重が54キロ以下の人の場合は、一日当たり800mgが理想です。

次に体重が55キロから90キロ以内の人は一日当たり1200ミリグラムが理想摂取量です。
最後に体重が90キロ以上の人は、1500mgが理想摂取量となっています。
体重によって約2倍近くの摂取量が異なるので、注意が必要です。

もし過剰摂取した場合は、吐き気や腹痛などの副作用を感じる人が多いです。
さらに逆に少なすぎてしまうと効果が得られなくなってしまいます。
どうしても体重が思い人ほど、体重を支えるために膝や腰の負担が増えてきます。
なので摂取量を守った上で適量を取り入れましょう。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.