食品

心筋梗塞、心疾患にコンドロイチン

日本では生活習慣行がとても問題視されています。
その要因としては、とても生活が便利になり豊かな食生活や便利な交通機関などによって運不足になる人がとても増えています。
なかでも食生活は栄養バランスを保つことが難しくなり、偏った食生活や不規則な時間帯にご飯を食べる人が増えています。

そんな生活を繰り返していることで発生しやすくなるのが生活習慣病です。
生活習慣病が続くと、様々な病気を引き起こししてしまいます。
中には、命に変わる重大な病気を生み出してしまいます。
具体的には、ガンや心疾患があげられます。

これらの病気は日々の生活の中で徐々に進行していきます。
中でも心疾患の場合は、急死してしまう可能性が最も高い怖い病気です。
心疾患は年間で18万人の人が亡くなってしまう病気です。
そのうち急性心筋梗塞で亡くなった人は4万人を超えています。

急性心筋梗塞の場合は、急な胸の痛みを感じ、2時間以内に治療しなければ命にかかわるほど怖い病気です。
心筋梗塞は、動脈硬化または血栓によって血管が詰まり、心臓が動かなくなる病気です。
心臓は私たちの体全体に必要な血液を送り込み、体が正常に働くという効果があります。
その機能が止まってしまうとすべての内臓の動きが止まってしまうので危険な問題です。

このような心疾患を防ぐためには、日々の食生活や生活習慣を見直していかなければいけません。
そんな生活習慣病の改善に効果的なのがコンドロイチンです。
コンドロイチンはムコ多糖の一種で、軟骨の約3割の成分となっています。
関節の動きを潤滑するという働きが注目されていますが、それだけではありません。

コンドロイチンには、血液中の糖分を分解する働きがあります。
なのでさらさらとした血液になります。
もし生活習慣病が進行してしまうと、血液に糖分がどんどん蓄積されて行きます。
すると消化できない分、ドロドロっとした血液になってしまいます。

その脂肪分が血液の壁に張り付き動脈硬化を引き起こします。
もちろん血液の流れが悪くなるので血栓ができやすくなります、。
これらの病気を防ぐためにもコンドロイチンを摂取すると効果が期待できます。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.